Bonjour Bon Coupe:日本でパンがどのように人気に

Bonjour Bon Coupe:日本でパンが人気になった経緯日本

は米が大好きな国だと思われるかもしれませんが、驚くでしょう。地元の人や観光客の主食としてパンや「鍋」も提供していることを知っています。美味しいお米を提供する国で、日本で手に入るおいしいパンがどうしてこんなにたくさんあるのだろうと思ったことはありませんか?それがどのように人気になったのか知りたい場合は、Bonjour BonCoupeにお手伝いしてください。

このブログでは、パンが日本にやってきた経緯と、今日、パンがどのように高く評価されるようになったのかについて、少し歴史的な背景を紹介します。

Bonjour Bon Coupe:すべてが始まった

  • 16世紀から17世紀に経緯16世紀の

間に、パンは最初にポルトガルの商人とキリスト教の宣教師を通して日本にやって来ました。外国人はパンを持って日本を旅行しました。これが、日本がそれを「パン」と名付けた理由です。これは、ポルトガル語の「パン」を地元で改作したものです。

  • 18世紀

このレシピは日本の伝統的な料理本に見られますが、地元で作られたという実際の証拠はありません。また、1842年に江川英龍が日本人初のパンを作った。徳川幕府の東京湾沿岸防衛を担当していたことから、兵士のために固いパンを焼こうとした。明治時代(1868-1912)の日本の急速な工業化に伴い、パンはより一般的になりましたが、それでも地元の人々の間では普及していませんでした。 

  • 19世紀19世紀の

たのはことでした第二次世界大戦後、breadが日本で主食になり始め。国の地元の味に慣れており、ヨーロッパやアメリカのタイプよりもはるかに柔らかいです。

今世紀には、シュークリームにインスパイアされたジャムパン(ジャム入りパン)やクリームパン(クリーム入りパン)などのパンが生産されました。また、1972年にはカレーが入った揚げパン「カレーパン」、クッキー生地をのせて焼き上げたメロンパン(メロンパン)も登場しました。

ヨーロッパの伝統的なパンも、フランスから来たと言われている柔らかく長方形のロールであるコッペパンのように、日本での人気を高めるのに役立ちました。ホットドッグパンと同様に、これらは長い間全国の学校給食メニューの一部であり、マーガリンとジャムをまぶした甘い朝食タイプや、焼きそばやコロッケなどの珍しい詰め物を詰めたサンドイッチの種類など、無数の形で見つかります。

 新しい波

この時代、日本のパン文化はサンドイッチをまったく新しいレベルに引き上げています。 21世紀の最近のトレンドの1つは、クリームチーズとフルーツで作られたデザートタイプのバリエーションと、日本のロールオムレツのような他の非伝統的なフィリングです。

チーズパンやチョコレートクロワッサンからソーセージパンやクラシックなあんパンまで、バラエティに富んだメニューが揃っているので、ここボンジュールボンクーペでおなかを満たすのにおいしいものがきっと見つかります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira