パンが主食である理由

何世紀にもわたる人類の歴史を通じて、1つの食品が世界中の文明の大部分を支えてきました。パン。米やジャガイモと並ん する で、さまざまな料理や食事で炭水化物の主要な供給源として機能主食です。 パンは、 あなたが取得する場所に応じて異なる形状およびサイズ入って来 それらを。 

詰め物が付いているものもあれば、スライスして、スプレッド、プロテイン、または葉物野菜をトッピングしたものもあります。世界の他の地域では、パンは平らにされ、ローストされ、ラッピングとして使用され 肉の詰め物のます。 

世界中でパンを作り、食べ、楽しむことができるさまざまな方法があります。しかし、何年にもわたってそれを人間の食事の必要な構成要素にしたのは、この食品について何ですか? Bonjour Bon Coupeで読み続けたら、ぜひご覧ください。

その 栄養価は人間の食生活に貢献します

簡単に言えば、パンには体に必要な栄養素がたくさん含まれています。小麦、ライ麦、オーツ麦などの穀物から作られたパンには、他の栄養素の中でもかなりの量の繊維が含まれています。 

ただし、パンの栄養成分は、パンの製造に使用される穀物の種類によって異なります。たとえば、小麦パンはライ麦パンよりも炭水化物とタンパク質の含有量が高いですが、ライ麦パンは食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。

食物繊維はパンの最も栄養価の高い成分です。それは腸と腸の機能に焦点を当てた多くの健康上の利点が付属しています。さらに、冠状動脈性心臓病や2型糖尿病のリスクを軽減します。

穀物の栄養価のほとんどは、「ふすま」と呼ばれるその外層から来ています。パン作りに使用される穀物が処理されるほど、栄養価が低下します。そのため、精製された白い小麦粉から作られた白パンは、すべての中で最も栄養価が低いと考えられており、これを大量に摂取すると、全体的に健康的な食事につながる可能性があります。

パンは米と同じように用途が広い可能性があります

炭水化物源の本当の特徴はその汎用性です。ダース以上の料理と組み合わせたり、100種類の方法で調理したりできるのであれば、それはすでに多用途の炭水化物源と見なされています。これは、米、パスタ、ジャガイモ、そしてもちろんパンなど、さまざまな料理の主要なエネルギー源に当てはまります。

前述の炭水化物と同じように、パンは無数の方法で使用でき、さまざまな料理と組み合わせることができます。ヨーロッパ諸国では​​、残りのソースを拭いたり、チーズ、肉、ワインと一緒に食べたりして、シチューのプレートを仕上げるために使用されます。 

アジアの地域では、パンは平らにされ、加熱された石の上でローストされ、フラットブレッドに調理されます。これらは、細断された肉の一種の包装として使用されます。他の地域では、パンは丸められ、あらゆる種類のおいしい甘い詰め物で満たされています。 

ここ日本では、カレーパンはあらゆる人に愛されている人気のパンのひとつです。 Bonjour Bon Coupeでテイクアウトのために食事をしたり購入したりすると、これらすべてを手に入れることができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira